スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯地バッグ

お客様から「亡くなった母が買ってくれた帯なので、何とか活用できればと、シミ、カビで締めることができなくなってしまった名古屋帯ですが、お太鼓部分などあまりシミがありません。きれいな部分を使ってバックなどにできるようでしたらお願いしたい」とご依頼いただきました。

生成のお客様からお預かりした帯とこちらでご用意した帯を組み合わせてバッグにリメイクさせていただきました。
生成の帯の柄部分を表に使用し、無地部分は内側に使用しています。


k14b.jpg 

 
k18b.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

About this site
お客様からご依頼いただいた仕立品や作品のご紹介とその他お知らせや日々のことなど綴っています。
About me
FC2ブログへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。